AKARI

本日は大好評、八乙女パルクのインテリアをご紹介いたします。

まずはこちら!

イサム サロン.jpg


この照明は高さが180cmもあるとても大きな照明なんです。

本社サロンの吹抜け天井部からどどーんと吊り下がっております。

大きな本体にも関わらず、主張しすぎないやわらかな光が空間ととても
キレイに馴染んでおり、癒しの空間をつくり上げています。


つづきまして、こちら!


イサム 小屋裏.jpg


こちらの照明はモデルハウス小屋裏でひっそりと光を
放っています。

和紙を通して届く素朴な光がとてもやわらかです。


この2つの照明はイサム・ノグチの『AKARI』という作品です。


竹ひごと美濃和紙を使い、1点ずつ作られ、現代の芸術的完成と伝統
を融合させた照明器具デザインの最高傑作と言われています。


彼がつくり出したものは「光の彫刻」と呼ばれ、
日本国内のみならず、世界中で愛されている作品なんです!


和の空間はもちろんのこと、それ以外の空間にも馴染むデザインで、
ソネケンの家にもぴったりとけこんでいます。


実物をご覧になりたい方は八乙女パルクへ是非どうぞ♪ 【建築部 小野寺】

RSS