季節外れの木の実

厳しい暑さも徐々に和らぎ、少しずつ涼しくなって参りました。

最近、ソネケン八乙女パルク目の前の街路樹の下に木の実を見つけました。
おそらくドングリではないかと思います。
まだ季節的には早いので、きっと昨年から残っていたものでしょう。

P1020834.jpg

ドングリはとても変わった発芽の仕方をするのですが、皆さんご存知ですか?
じつはドングリはただ地面に落ちるだけでは枯れてしまいます。
そこでリスやネズミなどの小動物に運んでもらい食料として地面に埋められます。
そして運良く食べるのを忘れられる、そこで初めて発芽の準備が整うのです。
森に行った時どんぐりの木が密生していないのはそのためです。

皆さんが普段歩きなれている道にも、こんな物語があるかもしれませんね。 【営業部 蛯澤】

RSS