ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック2010受賞

画像 011.jpg

プレゼンターは審査委員副委員長の東京大大学院教授の坂本雄三先生です。

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリックは2007年から始まりまる4年となりました。
2007年は3・4地区のみ対象とし45地域・シリーズからの申請で15社

当社が受賞した2008年は地域をオールジャパンにして54地域・シリーズからの申請で23社

2009年は国の判断基準をクリアした、92地域・シリーズからの申請で34社

今回の2010年は集合住宅部門やリフォーム部門を追加して135地域・シリーズから58社と
年を重ねることに参加する企業が増えているようです。
表彰式も前回(2008)と比べるとほとんど倍になっていましたので会場も大きくなっていました。

低炭素化への取り組みへの拡がり、そして省エネ基本性能化が拡大しているということのようです。
省エネ性能義務化もそう遠くない事のようですね。

【総務部 曽根】


画像 014.jpg

RSS