子供たちの声が聞こえる家

大分秋も深まってまいりました。
秋晴れの気持ちの良い日にホームオーナー様のお宅にご訪問させていただきました。

今回は宮城野区に新築なされ、4月に入居されたE様のお宅訪問です。
E様宅はソネケン工法・いやしろ3工法のオール電化住宅です。
そして、今回ぜひご紹介したい事はE様の素敵なライフスタイルやその考え方です。

E様はお子様が好きだからと在宅で託児所されていました。残念ながらご主人を早くに亡くされ
好きでしていた託児が仕事となり二人のお子様を女手一つで育てあげた方です。
優しくゆったりとした語り口調は、さすがにたくさんのお子様を育てた事を納得させるだけの説得力があり、
たくさんのお話しはとても楽しく輝きがありました。
そして、お隣の保育所からはずっと子供たちの元気な声が聞こえます。
この声がE様のまた元気の素のようです。
『素敵』とひとくくりにしたくないほど繰り広げられたお話は魅力的で、E様の人となりが伝わってきて
安相と二人ため息交じりに引き込まれた時間でした。


24年10月齋藤様 083.jpg

上の写真はリビング吹き抜けの西側に三つ並んだかわいい小窓です。
E様邸の特徴になるかと思いますが、外の通りから見とより一層かわいらしく
夜にはやわらかい光が漏れてロマンティック&おしゃれです。
今日は夕方なので南の壁に西日が反射していました。
窓が6つになっていますね。

24年10月齋藤様 081.jpg

『センスが良くてEさんらしい家ね?』とご友人に言われるのが嬉しい
とにっこりなさるE様はとてもチャーミングな方です。
緊張しているはずの我々も和やかな雰囲気に引き込まれてしまい、
取材しているつもりがいつしか逆取材されたりしていました。

穏やかな口調で楽しくお話しくださいますE様ですが、
今回の新築にはE様自身大きな決断で相当の労力いった事だったそうです。

年を重ねれば誰しも元気で誰にも迷惑をかけずに過ごしたいと願うのは共通だと思います。
そのための心の解放とでもいうのでしょうか、
自由に快適にそして元気に長く暮らすための家に住む事、
そんな選択をされたのがE様だと思います。

当たり前の事はありのまま当たり前に、でもやりたい事のために努力は惜しまない、
そんな姿勢のE様に『終の棲家よ』とおっしゃって頂き、
大変気に入って頂けた様子を感じてとてもうれしくなりました。

E様のための家なのでコンパクトながら、このリビングから各部屋へ導線が伸びています。
本当にとても使いやすそうでした。
ご苦労はあったと思いますがある意味とても贅沢な事ですね。

24年10月齋藤様 087.jpg
趣味の域を超えた絵画はE様のライフスタイルを大きく支えていらっしゃるものと思います。
アトリエ入り口の杉の格子戸が大のお気に入りです。

さて、今回の新築に際しては当社のOBのお客さまからのご紹介でご縁があったのですが、
その後偶然に別のOBのお客様とお知り合いになり今では『ミニそね会』を結成され
3人でお食事や音楽鑑賞、今度は旅行のお約束をされているそうです。
秘密よ!なんておっしゃっていましたがここで暴露してしまいました。
私たちと致しましてはとても嬉しい事なので・・
すみません。

玄関にはご友人からのプレゼントの絵や焼き物が素敵に飾ってありました。
24年10月齋藤様 077.jpg


多方面のお話が楽しくてついつい長居をしてしまいました。
決して楽しいだけの道のりではなかったと思うのですが、話の端々に豊かなお人柄が伝わってきて
お施主さまと言うより人生の先輩の人となりに頭が下がる思いでした。


E様本日は本当にありがとうございました。


【総務部 曽 根】

RSS